Sustainability in
Japan 2022

高い意識を持ち始めた消費者が与える企業の未来への影響、そしてフードビジネスの新たなシステムがどのように時代の潮流を導くか

Sustainability


Our annual consumer study

弊社の調査レポート「日本におけるサステナビリティの現状」は、弊社が毎年様々なサステナビリティに関する課題を抽出するために作成しているレポートです。

当レポートでは消費者や企業がサステナビリティに対する意識がそれぞれどれ程変化しているかについて、日本全国の6,800人の参加者からデータを抽出して作成しております。

2022年度のレポートのコアテーマは「意識の高い消費者が与える、ブランドの未来への影響と、企業がサステナビリティの価値観をコアバリューに組み込むことで見られる大衆の変化」です。

さらに私たちは食品ブランドが、意識の高い消費者に対して再生思考から透明性、産地証明、循環システムに至るまで、今後数年間で他のカテゴリーのブランドにも広がっていくと思われる新しい期待感を、どのように生み出しているのかを探りました。


報告書を入手する

全130ページの報告書をダウンロードするか、中目黒の当社オフィスで印刷物をお受け取りください。

Coffee scene

6,800人の調査参加者

8つのブランドとスタートアップのケーススタディ(フェアトレード、ブルーボトルコーヒー、パタゴニアプロビジョンズ、コカ・コーラ、オイシックス他)

専門家インタビュー24件

全130ページのレポート


Introduction

多くの企業は成長戦略を柱にビジネスモデルを構築しており、リニアな成長を求める従来の考え方は、サステナビリティという新たな課題に直面し、変化を求められつつあります。だからこそ、私たちはファブリックの重要なミッションの一つとしてサステナビリティを位置付けています。

この 2022 年度版レポートでは、日本におけるサステナビリティに関する 2 回目の年次調査の結果をご紹介します。私たちの目標は、企業がサステナビリティへのアプローチを見直し、江戸時代から伝わる「三方よし」という言葉に表されるような日本の伝統的な原則に従い、企業、顧客、社会が共有できる価値を生み出すことです。

いくつかの企業はすでにサステナブルな価値を消費者や社会に対して提案し始めています。2021年版レポートで私たちがインタビューしたビジネスリーダーたちはみな、自社の全製品とサービスをサステナブルな形に移行させるという信念を持っていましたが、多くの企業はまだサステナビリティへの旅を始めたばかりでしょう。

この変化の時代において企業がどのような意思決定を下すかが、彼らが今後サステナブルな成長を軸とした新しいモデルに適応し、成功を収めることになるかどうかを決めていくことになるでしょう。

サステナビリティ領域へのアプローチは様々な業界特有の要因によって左右されます。私たちはすでに、ライフスタイル、食品、テクノロジー、金融サービスなどのクライアントを通じて業界別調査を実施しており、サステナビリティやブランドに関する戦略策定を支援して参りました。この「2022年度版 日本におけるサステナビリティの現状」は、各業界で活動するブランドを対象に、より広範囲の調査を行っています。

本調査では、日本におけるサステナビリティの変革における「消費者の役割」に焦点を当てました。彼らがその変革をどう導くのか、どのように成長させていくのか、またその障壁はどこにあるのか。様々な業界で予測される長期的なトレンドの中、サステナブルな変革がどのようなペースで進行するのかを予測します。

消費者を調査の中心に据えることにより、日本におけるサステナビリティの行動に関する重要なインサイトを得ることができるほか、企業やブランドをはじめ、政府、NPO、研究者、そして日本の未来に関わるすべてのステークホルダーにとって重要なインサイトの隠された秘密を知る事ができるようになります。

また、各業界の運用システム全体を捉えたアプローチを適用し、日本における体系的な社会・環境課題に目を向け、食品などの主要分野の専門家と協力して、各業界における根本的な課題を検証致しました。

本レポートでは、人々を「消費者」と呼んでいますが、これは、いわゆるコンシューマリズム(消費者主義)について論じる意図ではなく、企業と顧客の関係を表す上で最も的確な表現であるからです。

サステナブルな未来を実現するには人の役割が重要ですが、その未来はまだ不透明です。だからこそ、社会のステークホルダーすべてが共有できる価値を作り出せるようにすることが重要なのです。


Our sustainability practice

私たちは、企業が社会、環境、経済のサステナブルビリティに関する行動を起こし、ブランド・パーパスからビジネスインパクトに至る変化を現実のものとする支援を提供します。

私たちがどのようにお客様のビジネスをサポートできるのか、ぜひご相談ください。

James Hollow

ホロー ジェームス
Founder / CEO
james.hollow@fbrc.co


意識の高い消費者をいかに取り込み、将来のビジネスチャンスの波に乗せるか。

レポートをご覧いただき、皆様とその方法を探りましょう。

Coffee scene

Related case studies

Go もっと見る
Amazon

Strategic Design x Sustainability

Amazon | アマゾン・ジャパンの持続可能な未来のヴィジョンを創る

LIXIL

Strategic Design

LIXIL | LIXILでの革新的な従業員エクスペリエンスの形成

SK-II

Sustainability x Strategic Design

SK-II | 意識の高い顧客を獲得するためのロイヤルティプログラムを開発